KUFS Tokyoロゴ 

卒業生の横顔へ戻る 
卒業生の横顔シリーズ

Horiguchi


大冨 佳枝 (昭和58年度英米語学科卒)

インテリア・デザイナー
WELLNESS INTERIOR DESIGN
Home Spa and Luxury Restyling



1983年英米語学科卒業の大冨佳枝と申します。
イタリアのフィレンツェで、インテリアデザインの仕事に27年たずさわっています。

専門はスパのデザインで、これまでヨーロッパ、中近東、アメリカ等12カ国の国々でプランを提案してきました。スパの語源はラテン語の Salus Per Aquam (水による健康という意味)、頭文字をとってSPAとなります。以前、テルマエロマエという映画が流行ったようですが、まさに、イタリアのスパの起源は約2000年前ローマ人が各地に作ったテルメ(温浴施設)にあります。

デザインが健康に及ぼす心理的影響に焦点を絞り、独自のウェルネスデザイン概念を提案してきました。2004年横浜で開催された国際スパ会議にセミナー講師として招待されたのを皮切りに、その後も韓国や日本、イタリア各地で講演に招待されました。過去に手がけたスパは、各国の専門雑誌や書籍、新聞、テレビなどで紹介されてきました。



2015年1月に、新規事業開拓の為ウェルネスインテリアデザイン事務所を設立しました。今後は、健康と美容に関する事業を幅広く手がけるとともに、高級不動産向けのプライベートスパを提案する新規事業を立ち上げていきます。最近日本が恋しくなり、日本とイタリアを結ぶビジネスを作ることができれば頻繁に帰国できると思い、2016年7月に始めて東京での校友会に参加いたしました。

外大では、ESSのガイドセクションに所属していました。卒業後は、英語を生かせるようにと大阪で旅行会社の卸に勤め、ハワイとアメリカの地上手配をしていました。でも子供の頃からの夢は建築の仕事をすることでした。どうしても夢を捨て去ることができず、就職中、2年間夜間のインテリアコーディネーターコースを学び、修了と同時にヤマハ家具に就職。その後デザインの本場イタリアへ移住。
外大で学んだ精神は、世界中で臆せずデザインをすることを可能にしてくれました。

そこに居るだけで心身共に安らぎ、同時に感動を与えるスパ。そんな空間を作りたいと毎日願っています。


私のホームページです。 http://www.wellnessinteriordesign.com


卒業生の横顔シリーズへ戻る 

東京支部事務局