京都外国語大学校友会東京支部ロゴ 

東京支部についてに戻る 
東京支部 今昔物語


第23回関東地区卒業生の集いヘッダー

ピアノの生演奏がマンハッタンブルーの会場を包み込み、参加者同士の会話がほころび始めた頃、「第24回関東地区卒業生の集い」の開会が声高らかに宣言されました。今年の司会・進行はダンディな原敬之さん(52G)、元気ハツラツの石川望美さん(01A)のコンビ。二人の司会・進行がいいハーモニーを奏で、第1部総会、第2部懇親会へと順調に滑り出しました。

今年のテーマは「笑顔」。昨年は3.11の影響で開催を自粛しようとの声もありました。しかし、逆にこういうときだからこそ、「東京から元気を発信しよう」という結論となり、「RISING ~元気は東京から~」をテーマに開催へと踏み切りました。何か外大らしい貢献ができないか?自宅の本箱に眠っている外国語の辞書、辞典、書籍などを持ち寄ることにしました。集い当日は寄付金も寄せられました。義援金6万円と辞書等152冊が集まり、宮城県教育委員庁と宮城県大崎市教育委員会あてに私たち卒業生の善意を送り届けることができました。

今年は昨年の志を引き継ぎ山田有桂実行委員長(54A)が、会場を「笑顔+笑顔」でいっぱいに埋め尽くしたいとの思いで、マンハッタンブルーの会場選びを皮切りに、協力委員と何度も打ち合わせを重ね、「企画満載」でこの本番当日を向かえました。

ITに強い松田晃一さん(15A)は国内・海外卒業生とのスカイプによる生中継から、写メールを瞬時に会場内のスクリーンに映し出すスマイリーや参加者全員の名前を紹介するエンドロールに至るまで様々なアイデア出しと技術協力に汗を流してくれました。

では、早速、写真による「第24回関東地区卒業生の集い」の再現です。今年もカメラ担当は笑顔が素敵な三上弘子さん(50A)です。ご主人もご一緒に参加いただきました。

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

今年の会場はイイね!ステキ!という声をたくさん頂戴しました。大手町のど真ん中にあって雰囲気も抜群、オフィス街にこんな空間があったの?と喜んでいただきました。山田実行委員長がプロのジャズ歌手であることは皆さんご承知の通り。山田さんらしさを発揮の会場選びでした。

午前10時、全員集合。
新旧のメンバーが一体となって、準備に取り組みます。皆さん、手慣れたものです。
しかし、今回はスカイプやスマイリーといった新たな企画のため、インターネット環境の確保とオペレーションに神経を使いました。頬に手をやり、後ろで心配そうに見つめるのはIT担当の松田君です(左上写真)。

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

東京支部の強みは、新旧のメンバーがバランスよく実行委員会を形成、その結果、参加される卒業生の年齢幅も多岐に渡っています。今年は最古参が昭和37年度卒、一番若い年度の卒業生が平成19年度と素晴らしくも45年の年度幅です。そんな卒業生を迎える準備が受付や場内で着々と進んでいきます。林陽子さん(63A)は今年から新たに実行委員に加わってくれました。元銀行勤務というだけあって、お札の数え方を見て全員納得、受付・会計としてこんな強い味方はいません。

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

早々と会場入りをしていただいた皆さん。「元気だった?」「何年ぶり?」・・会場のアチコチでそんな会話が聞こえてきました。

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)


[ 第一部 ]

定刻でスタート!! 開会冒頭の挨拶は利根川副支部長。そして京都外大オリジナルのハッピを颯爽と羽織った山田実行委員長のウエルカム・メッセージへと続きます。

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

校友会、大学、各支部から多数のご参加をいただきました。校友会からは坂本利正会長、山田勝明副会長、藤井章子副会長、今年初お目見えの山田良至子書記の御四方。大学からは今年で2度目のご参加をいただく松田武学長を筆頭に長者善高事務局長、熊谷俊樹国際交流部長、田平照雄キャリアサポートセンター次長の御四方。校友会支部からは、松平秀人富山支部長、湯口信壽大阪支部長、三宅伸一大阪副支部長、柴岡和夫高知支部長の皆様に遠路より駆けつけていただきました。炎暑の折、深謝申し上げます。

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

二人の名司会・名進行で第一部はオンタイムで終了。TV番組等の企画・制作を専門とする中山維夫幹事(04A)が、タイムキーパーをはじめ徹底して運営の裏方に徹してくれました。こんな頼りになるサポートは願っても叶いません。
食事の準備も整い、いよいよ、メインプログラム第二部への突入です。

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)


[ 第二部 ]

乾杯の発声は東京支部の最大の功労者である片山尚男顧問(37A)。東京支部立ち上げから今日に至るまで、常に支部の発展に心を寄せてきて下さいました。引き続き、おんねがい申し上げます。
乾杯の後は、歓談・食事タイム。前半の山も終わり、やっと、少し気を抜くことが出来る時でもありますが、今年は次から次と新たな企画が目白押し。運営方はまさにこれからが本番!!
アメリカから国宗哲典(40A)さんが飛び入り参加下さいました。国宗さんが関わっていらっしゃるマイケル・ジャクソンの子ども基金についてお話をいただきました。第20回の集いの実行委員長、中鉢泰平(41E)さんにも飛び入りメッセージをいただきました。

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

卒業生の集い(2011) 卒業生の集い(2011)

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

スマイリーによって各自が撮った写真がスクリーンに写しだされています。

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

スカイプで滋賀県在住の梅澤さん、現役生の坂本さん、留学生のルイスさん、ロス在住の鶴亀さんとライブでの会話を楽しむことができました。

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

何十年ぶりかのスカイプを介しての鶴亀さんと伏屋さんのやり取りは、学生時代に一気にタイムトリップしたようで感動的でした。坂本会長も久しく言葉を交わされました。

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

じゃんけん大会も大いに盛り上がりました。校歌斉唱は全員で楽しく、いよいよフィナーレです。

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

今年は出席者全員の名前を読み上げ、エンドロール上映を行いました。名前を呼ばれた人たちは順次ステージへ、全員集合した時点で恒例の集合写真となりました。そして、本山支部長による閉会の挨拶でお開きと相成りました。皆様、有難うございました。

卒業生の集い(2012) 卒業生の集い(2012)

卒業生の集い(2012) 集合写真

来年はいよいよ記念すべき東京支部の第25回目の集い開催となります。

~ 2013年7月13日(土)にお会いしましょう ~

実行委員一同より

第22回関東地区卒業生の集いフッター

東京支部についてへ戻る 

事務局ロゴ